住みやすい福島県いわき市の賃貸物件を見分ける方法

福島県にあるいわき市は、人口およそ40万人の市になります。面積は福島県で一番の大きさになっています。市の中心はいわき駅周辺で、土地の価格も上昇しており、周辺の市町村とは逆に人口が増えているのが特徴です。駅の東側は栄えており、多くの人が住んでいます。東側に人口が集中する理由は、平地になっているからです。さらに東に行くと太平洋がありますが、そのあたりまで大きなアップダウンがないため、人が住みやすくなっています。駅の西側は、丘になっており、古くからお城があり、観光地としても賑わう場所です。さらに西側に行くと田園地帯が広がり、築年数の古い一戸建てなどはありますが、開発が進んでおらず、建物はそれほど増えていません。そのため、賃貸マンションやアパートなどは西側には少なくなっています。

自分の足で歩いて見つけることが重要

いわき市の賃貸物件を探す場合には、不動産会社に依頼して紹介をしてもらう必要があります。ただ、不動産会社にオススメですと紹介してもらった物件であっても、人にとってはよい物件とは限りません。不動産会社を利用するのは最終的な手段にして、まずは自分の足で歩いて理想とする物件を見つけるべきです。確かに、不動産会社で紹介してくれる物件は、中を内覧することも出来ますし、内覧することは確かに重要なことです。しかし、一度内覧をしただけで決めるのは難しくなります。実際に住んでみてトラブルになりやすいのは、建物そのものよりも、まわりに住んでいる住人や周辺の環境です。周辺の環境を調べるためには、インターネットでぶつかりを探し、場所を特定したら何度もそこに行ってみる必要があるでしょう。できれば、昼間と夜の両方みておくとよいです。

内覧する場合にチェックをするべきこと

気になる賃貸物件の周りを歩いて見て回り、問題なさそうであれば、不動産に行き、気に入った物件の内覧をお願いしましょう。その段階で物件を2つから3つに絞りこんでおくことが大事になります。あまりたくさんありすぎても時間がかかり効率が悪いからです。物件の内覧では、外からでは決してわからない部分に注目をします。例えば、壁の厚さです。いわき市の賃貸物件ではアパートが多い傾向にありますが、新しい建物ほど壁が厚い傾向にあります。ただ、そのような傾向があるからといって必ずしも壁が厚いわけではありません。実際に叩いてみてその音で厚さを確認しましょう。それ以外では、駐輪場やゴミ捨て場もきれいになっているか確認をしておきましょう。それを見るだけで、住人の質がわかるからです。