気になるいわき市の賃貸物件の相場

賃貸住宅は、場所によって大きく金額が異なります。人気がある場所であれば、当然ながら土地の値段が上がり、申し込みの集中するため、賃料を上げてもある程度の人が来ます。ですが、あまり人気がない場所は、人が入居しないため賃料を下げざるをえません。このように考えると、賃貸住宅も需要と供給で成り立っていることがわかるでしょう。福島県のいわき市には、たくさんの賃貸住宅がありますが、やはり同じように駅の近くや買い物の便利なところは人気があるため、多くの人が入居を望んでいます。すると、家賃が高くなり、ほかの地域よりも多めに支払わなければなりません。また、建物が新しいか古いかによっても変わってきます。建物が古ければ賃料は下がる傾向ができます。いわき市では、おおよそどのぐらいの物件相場になるかを説明していきます。

一人暮らし用の物件の特徴を知る

物件には様々なタイプがありますが、いわき市にも一人暮らし用の物件が数多くあります。東京などと比べると家賃が安くすみやすいのが特徴です。隣の建物と距離があるため 1日中日陰といった条件の悪い物件は少ない傾向にあります。土地がある程度広く、建物を建てる時もできるだけ好条件にするため、方角も考えられています。そのため、南向きの物件が多い傾向にあり、それでいながら、家賃が安くとても得です。築年数から考えると、中心地の駅のそばであっても3万円を切るところはめったにありません。一方で、新しいワンルームの住宅は、5万円台が平均的な家賃になります。東京のようにワンルームで家賃が7万円から8万円になるようなことはありません。おおよそ中心地から10キロ離れるごとに同じような築年数でも家賃が1万円安くなるイメージです。

家族で住む物件の場合の傾向はどうなっているか

家族で賃貸住宅に住む場合は、2LDKから4LDKまであります。この中で、アパートに多いのは2LDKになります。新築のアパートではおよそ家賃が7万円前後になります。市街地から少し離れた所、例えば駅から5キロ以上離れたところであれば6万円ぐらいで借り入れをすることは可能です。一方で、3LDK以上になるとマンションが増えてきますが、マンションの場合は新築で8万円台のところも珍しくありません。ただし、低層マンションが多く、中層マンションや高層マンションはほとんどないのが特徴です。家賃に付随して駐車場を借りる場合は、1台につき5000円ぐらいが標準的な金額になるでしょう。共益費もたいていどの物件にもかかり、3000円ぐらいになるのが普通になります。